長野県産草入り水晶原石・ピアス
PR2016_09

金具の種類
購入数
石の大きさ:画像1枚目の左側H27×W9×D7mm、右側H30×W8×D6mm
全長:約49mm(フック上部より石枠の下まで)
産地:長野県南佐久郡川上村
素材:シルバー950
*イヤリングにも変更可能です。「金具の種類」のボタンからご選択ください。

長野県産草入り水晶の原石でピアスを作りました。

「草入り」とはアクチノライトのことで、白やグレー、茶色の大変繊細な繊維状の結晶が水晶に内包されています。(このアクチノライトがグリーンですと本当に草が入っているかのように見えますので、草入りと呼ばれています。)上部は他の結晶と接続していた部分ですので、不透明で茶〜黄色の色がついていますが、先端にいくに連れて透明度が上がります。一部、黒い粒状のインクルージョンが見られます。

とても綺麗な、整った結晶の形をしています。長めの原石のピアス、さらっと格好良くつけていただけると思います!
>