糸魚川翡翠・奈良県産レインボーガーネット・ネックレス3
NR2019_24

44,000円(税4,000円)

購入数

石の大きさ:翡翠H52×W17×D10mm/レインボーガーネットH5×W6mm
トップ全体の大きさ:H68×W20×D14mm(Hはバチカンを含んだ大きさです)
産地:翡翠は新潟県糸魚川市、レインボーガーネットは奈良県吉野郡天川村行者還岳産です。
ひもの長さ:50cm
素材:シルバー925(枠とネックレスの留め金具)、合成皮革(紐)、合金メッキパーツ(紐の金具)
*紐は合成皮革です。ふわっとした、肌触りの良い軽い素材です。

糸魚川翡翠の大珠に奈良県産レインボーガーネットを合わせたネックレスです。

もともとは「大珠」と呼ばれる形の翡翠の表面に被せるように飾りを付けました。翡翠はグレーの地色に淡いグリーンが入り込んでいます。一部、クラックがあります。色の濃淡、グレーとグリーンのコントラストが素敵な翡翠です。

レインボーガーネットは比較的赤みを感じる石で(奈良県のレインボーガーネットはブラウン系の色味が多い気がします)、イエロー、グリーン、ブルーのレインボーが見られます。

大珠は細長い楕円形の中心あたりに穴の空いた形のものを指し、縄文時代の遺跡から発掘されています。私も以前、博物館の「縄文展」で見ましたが、素朴な風合いが印象的で、当時のものを今もなお見学できることに感激しました。当時どのように使われていたのかは不明だそうですが(権威の象徴とも言われています)、今の私たちと同じように、身につけたり、なんとなく撫でて安心したということもあったのかな、と想像するのもロマンがありますよね。

糸魚川翡翠と奈良県のレインボーガーネットという国産鉱物、個人的にも大好きな組み合わせです。お守りにどうぞ!
>