トップの石の大きさ:翡翠勾玉H15×W19×D7mm/水晶H7×W6mm/レインボーガーネットH7×W6.5mm/フェルドスパーH8×W8mm
トップ全体の大きさ:H52×W43×D7mm(Hはバチカンを含んだ大きさです)
産地:翡翠の勾玉は新潟県糸魚川市産、水晶は長野県南佐久郡川上村産、レインボーガーネットは奈良県吉野郡天川村行者還岳産、フェルドスパーはタンザニア産です。
チェーンの長さ:50cm
素材:シルバー925

糸魚川翡翠の異形勾玉を中心に、3種の石で囲んだネックレスです。

中央の糸魚川翡翠は「さる玉」または「環状勾玉」と呼ばれる異形勾玉です。「さる玉」は勾玉の頭と尻尾(という表現でいいのでしょうか…?)が繋がっており、猿が尻尾を丸めているようにも見えることからそう呼ばれているそうです。白の地色に明るめの淡いグリーンが入った翡翠です。

翡翠の上には透明感の高い長野県産水晶、また下には黄色や青の虹が見られる奈良県産レインボーガーネット、左右には濃いブラウンから黒の地色に十字の光が現れるフェルドスパーを配置しました(画像3、4枚目をご参照ください)。

国産の石を多く使ったネックレスです。お守りにどうぞ!
>