島根県産ジャスパー(出雲石)勾玉・ネックレス1
JN2014_08

購入数
トップの勾玉の大きさ:H35×W25×D12mm
産地:島根県八束郡玉湯町玉造地区(花仙山)
素材:シルバー950、真鍮(ビーズと金具)
チェーンの長さ:60〜65cm(アジャスターで調節出来ます)
チェーンの石の大きさ:ルチルクオーツ直径8mm、ヒマラヤ産クオーツ直径6mm、ミャンマー産翡翠直径4mm、パイライト直径3mm、ブラックスピネルH2.5×W2×D2mm
*このネックレスはトップとチェーンが外れない仕様になっています。


島根県産ジャスパーの勾玉をトップにしたネックレスです。

このジャスパーは「出雲石」や「碧玉」と呼ばれている石で、この玉造地区の花仙山で採掘されたものです。少し黒みがかった深い緑の部分を指して「碧玉」と呼ばれたようです。こちらの勾玉は明るめの緑や白い粒状のインクルージョンの入った、ジャスパーらしい模様の勾玉です。縦35mmの大きさはどしんとした存在感があり、ふっくらとまろやかな形に磨かれているため、手触りも気持ちがいいです。

チェーン部分にはルチルクオーツ、ヒマラヤ水晶、ミャンマー産翡翠などを使いました。翡翠が優しい色味のグリーンですので、明るい印象に仕上がっています。男性にもおすすめのネックレスです。